我が道・輪が道・一本道・自転車道

アクセスカウンタ

zoom RSS 常滑は予選最終日。太閤賞は峰竜太が優勝や。岸和田11Rは稲川翔が三谷竜生の番手

<<   作成日時 : 2017/06/15 23:21   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

◆常滑「GU白熱次世代選手権」は予選最終日を迎える。現時点の得点率上位は1位・岩瀬裕亮選手(@@AB着)、2位・山田康二選手(A@BAA着)、3位・海野ゆかり選手(ABB@着)で準優の@号艇をゲットできるか注目や。大阪支部では9位タイに上條暢嵩選手(DAAB着)、15位・鶴本崇文選手(@DB@C着)が予選突破を目指す。

画像画像
◆ナイター住之江「開設61周年GT太閤賞」優勝戦は@号艇・峰竜太選手が江口晃生選手乗り換えて前付けにも屈せず、画像3コース捲りの木下翔太選手も寄せ付けず逃げ切り、昨年9月芦屋以来、通算5度目のGT優勝を飾ったんや。予選道中からトップを譲らず、まさに王道一直線やったわ。画像この後は20日から鳴門SGグラチャンで無冠返上を期してSGタイトル奪取にアタックや。昨年の鳴門SGオーシャンカップでは予選トップで、準優勝戦は前付けの田中信一郎選手とともに痛恨のフライングのため、ペナルティーで1年間を棒に振ったんや。場所は同じ鳴門。リベンジして戴冠することを祈るわ。

◆「GT高松宮記念杯」初日の大阪勢は中井俊亮の早逃げにマークした稲川翔が1着で二次予選へ勝ち上がったが、南修二は失格、期待の古性優作は粘れず5着に敗れたんや。残念な結果やが、稲川翔には頑張ってもらいましょう。稲川翔の5Rは中井俊亮が2着、3番手・澤田義和も松浦悠士の追い上げを捌いて3着とラインで上位独占やった。
keirin.jp稲川翔の談話 「緊張しているくらいがちょうどいいですね。しっかりと勝ち上がれたし松浦君の動きも見えてました。澤田さんが仕事をしてくれているのもわかったし、ラインで決められて良かった。モチベーションも段々と上がってきました」

稲川翔の2日目二次予選は11Rで村上義弘、三谷竜生の今年GT覇者との帯同や。並びがどうなのか気になったが、村上義弘が地元の稲川翔を盛り立ててくれて近畿3番手や。それなら三谷竜生マークで稲川翔にチャンスやわ。後ろは村上義弘ー澤田義和と続く長いライン。稲川翔には責任重大な一戦となるやろね。


◆岸和田競輪場で高松宮記念杯が始まったんで、関空急行には乗らんかったんや。空いてる車両は分かってても、なんせ初日やからね。混んでのうて座れたらガッカリするわ。なんちゅうても記者時代は「雨の宮杯」を楽しみにしてたからね。いくら離れたといっても肩入れをしてきた岸和田が閑散としてては寂しいがな。そんなわけで早く堺駅へ着いたが、西口の周辺を9分ほど歩いたわ。昨日は1日の歩数が少なかったから、ちょっとでも増やそうと思ってね。ただ、サザンは学生さんと年寄りで満員や。泉佐野駅まで立ちっぱなしでも、ええ運動の一環かな。ナイター住之江を喋って帰路に着いたが、天下茶屋周りでしか方法が無いんや。堺駅は土日が便利でも平日はバス利用やと30分も無駄なんや。3分以内で走れたら間に合うが、年寄りには危険がつきまとうからね。運賃が高くても安全を買うわ。10時過ぎの帰宅では寛がれへんのが辛いかな。



にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
常滑は予選最終日。太閤賞は峰竜太が優勝や。岸和田11Rは稲川翔が三谷竜生の番手 我が道・輪が道・一本道・自転車道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる