我が道・輪が道・一本道・自転車道

アクセスカウンタ

zoom RSS 先行日本一は深谷知広や

<<   作成日時 : 2011/01/07 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

強かったがな。あんな先行逃げ切り、誰もおらんで。番手の山口富生が“ハコ8”やもんなぁ。そう、深谷知広というのは先行日本一の称号を与えられてもええんとちゃうか。気持ちのスカッとする先行や。主導権を握れば、もう安心や。買ってる車券の当たる確率も、かなりの高さやから、ゴールまで楽しめるがな。いやぁ、新年早々、すばらしいレースを見せてもろたわ。

立川記念の決勝戦。深谷知広が山口富生ー坂本健太郎を連れて牛山貴広を抑えると、牛山がイン粘りのような素振りを見せると山口がガツンと押し込んだんや。ちょうどジャンの4角からホームに差し掛かるところで牛山が4番手に下げると、深谷が山口を確認しながらスピードアップ。6番手に栗田雅也、8番手に渡辺一成とくれば、もう深谷が勝っても当然の流れや。バックはもちろん一列棒状、さらに直線に入る手前から深谷が踏み直すと山口がぶっちぎれや。準決勝よりも“付きバテ”や。高原永伍に菅田順和、坂本勉、滝沢正光、村上義弘、太田真一、小嶋敬二と先行日本一の看板を背負った選手はいたが、普通通りに逃げて、後ろが離れたんは深谷しかおらんやろ。それも一度では無いんや。準決勝に続いて、決勝戦もや。ギアも心の準備もあったやろうが日本屈指のマーク屋・山口富生やでぇ。深谷の逃げっぷりは“異次元”やわなぁ。

5度目の記念決勝戦。深谷知広は過去4度で蒔いた肥やしが実ったんや。最初は大垣記念で柴崎淳ー山口富生の番手まくりに貢献して山口が地元優勝。2度目は豊橋記念で番手に入った脇本雄太に交わされ、一宮記念では金子貴志の優勝や。4度目の佐世保記念はマークの師匠・金子貴志に気をつかいながら早めに逃げて、結果は敗れたんや。それでも、そんな経験が深谷を大きく育てた。2日目の「優秀」でまくり不発に終わって、ファンに迷惑をかえると、今度は主導権を握ることを考えての攻め。ある古い選手が「武士は勝負に負けたら終わり。オリンピックは4年に一度のチャンスを生かさないと、もうチャンスは巡ってこない。競輪選手は、きょう負けたら明日取り返せる、そうすればファンも納得してくれる」と言ったんや。この言葉は素晴らしいから、若い選手を励ますときに、よく活用させてもらったもんや。

深谷知広は日本一の先行選手や。この立川で証明したんや。先行選手の選手寿命は短いかも知れんが、今はタイトルを取って、回転力で勝負のできる競輪界に戻してほしい。ギア戦争は、はっきり言ってオモロない。4倍魔王・山崎芳仁も大好きやけど、デビュー当時から当ブログで応援してきた深谷知広は、もっと好きなんや。確かにギア戦争を考えて3・71を踏んでるが、今の時代では小さい方や。さあ、名古屋の競輪ダービーが楽しみになってきたがな。初の記念優勝、おめでとう。

keirin.jp深谷知広の談話 「本当に嬉しいです。今日の風で後ろから押さえるのはきついし、初手は中団の前か後ろが良かったんですけどね。牛山さんが一緒に上がってきたけど、とりあえず出してもらえそうだったし、ホームで山口さんが番手をキメたのを確認してから踏みました。それから後ろを見る余裕はなくて、どうなってるかは分からなかった。先行で勝てて良かったです

keirin.jp山口富生の談話 「ショックです。昨日と同じような離れ方をしてしまった。今日のメンバーなら粘られても何とかなると思っていた。ギアが自分には重かったのかな」

和歌山記念の幕が開く。近畿地区の開催なら近畿16人は負けるわけにはいかん。特選には11Rで中野彰人ー市田佳寿浩ー三谷将太が結束、10Rは南修二が吉田敏洋マークから、9Rは稲垣裕之が自力で、この5人がしっかりと流れを近畿に向けてほしい。

keirin.jp市田佳寿浩の談話 「GPは目の前で(村上博幸の)優勝が見れて嬉しかった。まずホッとして良かったなと思ってからは、また走りたいなと思った。とりあえず今年も一戦、一戦全力で出し切る。練習は元旦から普通に始めてます。(中野は)レースを何回も見てるし、すごい先行選手に育ってきてる。楽しみですね」

keirin.jp中野彰人の談話 「(YGPの予備で行った)立川でマッサージに行って、元旦から死ぬ気で練習してきました。気持ちは入りすぎておかしくなりそうです。(2次予選で負けた)去年の悔しさはずっと残ってるし、絶対に決勝に行く。市田さんには合宿とかでお世話になってるし、明日は力を出し切ってどこまで通用するかですね」

keirin.jp稲垣裕之の談話 「和歌山記念は毎年走ってるし、今年(追加斡旋)も走りたいと思ってました。僕のなかでは1年の始まりって感じの開催ですから。岸和田は判断ミスもあったけど、脚の状態は悪くなかった。流れのなかで力を出す。練習の感じは戻ってるので、これからはそれを早く取り戻したいですね」

予選では8Rが筒井裕哉ー西岡正一ー池田智毅、6Rが藤田勝也ー布居寛幸ー中澤孝之、5Rは伊原弘幸、4Rは四元隆裕、2Rは坂本匡洋ー門野匡秀ー南部健次郎らが、二次予選進出を目指す。立川記念は誰も準決勝に進めなんだが、向日町は大量進出を願いたいもんや。

keirin.jp布居寛幸の談話 「年始も補充に行ったし、バタバタと働きまくってますね。直前は調整程度だけど、状態は変わらず来てると思います。明日は後輩もいるんでね。練習も一緒にやってるから走り方は分かってるし、パニくらんように言っときます」

keirin.jp藤田勝也の談話 「初めてのS級だし、積極的に走りたい。ここに向けてやってきたので、頑張ります。と言うか頑張るしかないんで」

keirin.jp西岡正一の談話 「10月小松島F1から下パイプを変えたフレームにしてから感じが良い。あとは練習メニューを変えましたのも好調の要因です。ロード(レーサー)に乗ったり、バンクにも入るようにしたりメリハリをつけるようにしたのも良いみたいです」

keirin.jp筒井裕哉の談話 「年末、年始も関係なく、普通に練習はやりました。雪が降って、パワーマックスって日もありましたけどね。練習だとめっちゃ感じが悪いんですけどね。地元勢も付くし、負けられないです」

朝から歯医者に眼科、そして耳鼻咽喉科と医者のハシゴや。奥歯の詰め物は入ったし、眼もコロコロしてたんが上の小さな睫毛で抜いてもろて楽になったし、耳鼻科も現状維持ということで、まあホッとしたかな。ただ、時間は一日仕事や。ちょうど地下鉄のマイカーフリーチケットの日で600円乗り放題を活用や。耳鼻科では看護師さんに「馴染みの店で飲むんですか」と冷やかされたが、まさにその通り。サテライト大阪でナイター四日市の前売り車券を買って、地下街を歩いているとバーゲンばっかり。そんななかの靴店に欲しい靴があったんで、衝動買いや。高い靴は買わん、と決めてたのに店に入ると、靴が「履いてくれ〜」とラブコールを送ってるように思えて、カードで買ってしもたんや。悔いは無いが、マッカランを飲みながら四日市の結果を見ると、三宅達也の優勝はええんやがマークの柏野智典が3着とは…ガクッときたんで、早めに退散した次第や。今年も競輪に競艇、競馬も負けからの出発。深谷知広の車単だけではプラスにならんかったんや。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
深谷は競輪界のモンスターですね。
12日からの豊橋競輪をワクワクして待っています。
昨年1月の豊橋競輪の深谷は、思い切った走りができなくて、
地元ファンの期待に答えることができなかったので、今場所はS級昇格後、初の地元優勝に期待が募ります。
豊橋の輪隣人
2011/01/08 09:26
豊橋の輪隣人さんへ

いいですね。生で深谷知広を応援できるんですからね。
今年は深谷イヤーになるでしょうね。頑張ってほしいです。
一八
2011/01/08 11:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
先行日本一は深谷知広や 我が道・輪が道・一本道・自転車道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる