我が道・輪が道・一本道・自転車道

アクセスカウンタ

zoom RSS 8番手じゃなぁ〜

<<   作成日時 : 2011/01/05 22:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

立川記念の2日目「優秀」で深谷知広が、あろうことか8番手に置かれて不発や。前受けから渡辺一成に抑えられて、ジャンで栗田雅也が一気に叩いて主導権を握ると、深谷は8番手や。5番手の渡辺も車間を開け、深谷の巻き返しに対処する作戦や。それでもホームから深谷が仕掛けると、渡辺マークの牛山貴広が深谷をブロック。渡辺も前へ踏むだけで、逃げた栗田を捕らえられないまま。これでは深谷の9着敗退も仕方がないわ。以前にも前受けで大敗のケースがあったんで、突っ張る流れでないと、深谷の持ち味が出ないわなぁ。これも反省材料やろね。

keirin.jp栗田雅也の談話  「深谷君を相手に自分の先行がどれぐらい通用するか試したい気持ちがありました。最終バックは自分でもかかっていたと思います。結果はしょうがない。明日も深谷君が相手ですが、ラインで決まるように走りたいですね」
keirin.jp渡邉一成の談話  「押さえに行くときに誘導が上がって、かなり脚を使いました。深谷を気にしながらのレースで思うように踏めず、車が進まなかった」

準決勝11Rを走る深谷知広の相手は栗田雅也と坂本貴史。栗田は再度、果敢にアタックして深谷を苦しめる展開に持ち込むやろうが、復調してきた坂本も深谷には難敵や。昨年の玉野FT(東西王座戦の前座)準決勝でジャンから逃げる坂本を、叩き切ろうとする深谷で体を合わせてもがき合いや。2角では深谷がねじ伏せたが、その時の決まり手は“逃げー逃げ”やった。そう、深谷マークの浜口高彰が離れ、坂本が深谷を追っかけたんで、二人の1、2着で決着がついたんや。その後、坂本は落車で崩れたが、今はその頃の状態に近づいてるんや。栗田に坂本、そんな二人を相手に、深谷は圧倒できるのか。妙味満点の一戦や。

近畿勢は二次予選で全滅。楽しみが無くなってしもたわ。関東での開催やからしゃぁないか。この後は和歌山記念→向日町記念と続くから、近畿勢の活躍を期待したいもんや。

ナイター四日市FTで中澤央治は予選を4着でクリア。準決勝12Rは窪田陽介を目標に柴崎淳ー坂上樹大ー小川将人に挑む。柴崎の地元バンクなんで、窪田も苦しいかも知れんが頑張ってほしい。郡山久二は流れが向かずに勝ち上がれんかったんや。

午後は大和川を通って国分へ出向いたんや。下流へ向かうつもりが、なんかナガサワサイクル(長沢義昭さん宅)へハンドルが向いて、追い風に乗ってスイスイと進んだわ。午後3時ごろやから閉まってるはずのシャッターやのに、下が少し開いてて上げると長沢さんが在宅やったんや。なんでも徳丸佳克君が弟子で競輪学校100回生・石貞 有基君を連れてフレームの相談に来ることになってたから“早起き”やったようや。それまで色んな自転車の話しをしてると、徳丸君が浜上一幸君と石貞生徒を伴って入ってくると、こっちの出で立ちを見てビックリしてたわ。競輪場で取材の時しか顔を合わさんのに、自転車乗りの格好をしてるんやから、戸惑うわなぁ。まあ、しばらく雑談をして午後4時過ぎには帰路についたんや。帰りは向かい風で、時速も20qを出んぐらいや。きつかったが往復32qをこなしたから、汗もかいたし、これからも寒さに負けず鍛える自信にはなったかな。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8番手じゃなぁ〜 我が道・輪が道・一本道・自転車道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる