我が道・輪が道・一本道・自転車道

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪勢も頑張ってるで

<<   作成日時 : 2009/01/08 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小松島FTに出場の中沢央治、渡辺泰夫は初日の選抜で5、2着で、ともに準決勝へ進出や。中沢は10Rで目標のない戦いで、うまく中団キープから5着。結果を見れば平凡だが、前回の岐阜FTでは直線に3番手で入りながら7着に敗れたのとは大違い。「3・57に戻してペダルを踏む感触が分かった」とギアの悩みも解消。渡辺は吉本卓仁ー室井竜二の3番手から、室井を交わす勢いで追い込んで2着。鋭さが増してきた。

準決勝は渡辺が11Rで高城信雄を目標に、中沢は12Rで北川智博に任せて、ともに相手は強いが、踏むコースを誤らなければ入着できる脚勢や。

和歌山記念で乾準一が8R選抜で逃げ切り勝ち。落車があったとはいえ、乾にとっては自信につながる勝利。準決勝では二次予選Aで市田佳寿浩の先導を務める。菅田壱道を崩せるようなら、乾の完全復活も近くなるのだが…。とにかく市田の勝利に貢献することが第一や。

ガッツ古原勝己は9R特選7着で、10R二次予選Aでは坂本匡洋と一緒。坂本匡洋が主導権を握ると出番十分。

2日目の11R「優秀」に進出した稲垣裕之と松岡健介がタッグを組んで、新田康仁、三宅達也と対決する。稲垣が前で戦うか、松岡に任せるか、どちらにしても二人揃って準決勝Aへ勝ち上がってほしいもの。

小松島に居ても、和歌山記念の近畿勢の動向が気になってしょうがない。なんせ、2年連続でSS班を輩出してない地区なんやから、来年こそ誰かSS班の看板を背負ってもいらいたいんや。その一番手は稲垣や。期待度は高いぞ。

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪勢も頑張ってるで 我が道・輪が道・一本道・自転車道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる